2018年5月20日日曜日

落ちて下になるのは、バター面か?


From:
日経サイエンス2017年6月号
S.マースキー
「5秒ルール」を考える





コメディアンのブースラー(Elayne Boosler)は、豊富な人間経験についてこんな話をした。

「母は掃除が大の自慢で、いつも『うちの床に落ちたものは食べても大丈夫だよ』と言っていた」

「わたしんちの床も食べられる。どっさり落ちてるから」





テレビアニメ『ザ・シンプソンズ』のホーマーは、床に落ちている一切れのパイを見つけて言った。

「うまそうなフロア・パイ!」




さらにテレビドラマ『フレンズ』には、こんなのがあった。

レイチェルとチャンドラーが、玄関の床に落ちた厚切りのチーズケーキをつついて食べているところに、ジョーイがやってきて腰をおろし、ポケットからフォークを取りだして言う。

「いいねえ、なんのごちそう?」





ここで思い出すのは、バターを塗ったパンを落とした際に、バター塗り面が上になって着地したことに不安をおぼえたユダヤの老人についての有名な話だ。

ベタベタのバターが床に触れずにすむのは幸運に思えるかもしれない。だが、この世は憂き世であるからして、この老人は

「宇宙が創造主の遠大なる永遠の計画にそって機能していないのではないか」

と不安になった。そこで老人はラビに相談した。ラビは数日にわたって研究と熟慮を重ねたすえに、科学的な説明にたどりついた。いわく、

「バターを塗る面が間違っていたのである」





いずれにせよ、わたしの場合、下になるのは決まってバターを塗ったほうの面だ。





From:
日経サイエンス2017年6月号
S.マースキー
「5秒ルール」を考える

2018年5月19日土曜日

ひらかなかった落下傘【野田佳彦】


From:
10M TV オピニオン
松下幸之助
『俳優でもやるのかと思われるほど笑い方を磨け』


話:野田佳彦




わたしの地元(千葉県船橋市)に陸上自衛隊の第一空挺団の落下傘部隊があるじゃないですか。

その落下傘部隊が北海道へ演習にいって、300メートルのところから降下をしたのです。そうしたら、落下傘のひらかない隊員が一人いた。それで、

「予備傘は開いたのか?」

と聞いたら、予備傘も開かなかった。ということは垂直落下です。

「現場を確かめに行け」

ということで向かったら、その隊員が雪のなかに立っているというのです。

「突き刺さったのか? もっと近くに行って見ろ」

といって近づくと

「しゃべっている」

というのです。しゃべっているということは生きていたのですよ。


雪が30cmぐらい積もっていたのと、寸前に、落下の5メートル手前で、さっと落下傘が開きかかったことが、(落下速度が)時速14km以上だと死ぬのですけれど、13.数kmでギリギリとどまったという奇跡がおこったのですよ。

すごいのは、その隊員は、平素の厳しい訓練をそのまま地面に落ちるまでやろうと思って、気を失うこともなく、落下地点を見つめながら、どう着地するか諦めないでずっといたということです。

これなのです。

わたしは「これだ」と思いました。

「運」とは諦めないこと。

最後まで諦めないでいること。






From:
10M TV オピニオン
松下幸之助
『俳優でもやるのかと思われるほど笑い方を磨け』

2018年5月18日金曜日

怒る日本人、落ち着くタイ人


From:
サンガジャパンVol.29
長尾俊哉
『タイの普通の暮らしから見えてくる仏教に根ざした社会のあり方』





日常生活における仏教


さて、タイで生活していると、日本よりも格段に仏教を身近に感じるようになります。托鉢僧はバンコクの町中でもよく見かけますし、「本日は入安居のためアルコール販売できません」といった張り紙ひとつにも、仏教がタイの生活に根づいていることが感じられます。

とくに私の場合は公立学校で働いているため、さらに仏教や僧侶を身近に感じる機会にめぐまれました。朝礼では国歌斉唱のあとに毎朝みじかいお経を全校生徒(他宗教の生徒はのぞきます)が唱えますし、月初めには、長めのお経を30分ほどかけて、全校生徒で唱えます。

また、わたしが勤めている学校では、毎週金曜は朝礼前に僧侶が読経と説法をおこない、お布施の時間がもうけられています。そのほかにも、お釈迦さまの前世についての物語を2日かけて僧侶が語る「テートマハーチャート」という行事も毎年ひらかれています。

また、毎日ではないですが、朝礼時に全校生徒が3分ほど瞑想をおこなうこともあるし、遅刻がおおくて出席点があやうい生徒に、放課後に1時間単位で瞑想させることもあります。

このように、幼少期から身近にある仏教が、個々人の行動様式に一定の機能をはたしていることは十分考えられると思います。


怒りの対処の違い


たとえば「怒り」の感情に対して、日本人とタイ人ではその取り扱いかたがずいぶん違います。

日本ではとちらかというと、怒りに対して肯定的ではないものの、「怒らせる原因をつくった相手」のほうが悪く、TV番組などを見ていてもわかるように、「その怒りはごもっとも」といった文脈に帰結される場合も多いように感じます。

しかしタイにおいては、「怒りという感情に飲まれる」ことは、人間的に成熟していない、と一般的には理解されています。

余談ですが以前、こんな話を聞いたことがあります。

ある日系企業において、日本人の上司が何度も同じ失敗を繰り返す部下のタイ人に対して、「なんど教えればわかるんだ」と怒りを露わにしたところ、当のそのタイ人の部下が「まあ落ち着いてください」とお菓子をさしだし、それを見た日本人の通訳が、あわててお菓子をとりあげた、という笑い話のような話なのです。

これは日本人的文脈からいうと、どうしてさらに火に油をそそぐようなことをするのだ、となるわけです。しかし、その部下のタイ人からすれば、そのときになすべき最優先事項は、怒りに飲み込まれ、我を失っている上司に冷静になってもらうことだったのでしょう。

日常的によく耳にするタイ語に「チャイイェン」という言葉があります。「チャイ」が心で「イェン」が冷たいという意味なのですが、これは冷たい心という意味ではなく、心を冷静に保つという意味合いをもちます。

だれかが怒りにかられていると、まず「チャイイェンコーン(まずは冷静になってから)」と言葉がけをし、そこから話をしましょうという姿勢をタイ人はよく見せます。日本人からしてみれば、「怒らせている原因をつくっているのは相手なのに、それに対して怒っている自分が、なぜ責められなきゃならないんだ」と、また怒りにかられてしまうという悪循環におちいるわけですが、「怒り」というのは、ご存知のように仏教的文脈においては、煩悩のひとつとして滅するべきものであり、どんな理由があるにせよ。良きものをなにも生み出さないという共通の考えがタイ人にはあるようです。

怒り狂う上司になんとか冷静になってもらおうと思ってとった、日本人の目からすれば「とんでもない」その部下の行動も、その文脈からみれば理解可能なものだといえるかもしれません。





From:
サンガジャパンVol.29
長尾俊哉
『タイの普通の暮らしから見えてくる仏教に根ざした社会のあり方』

2018年5月17日木曜日

空前の字典というべき『説文解字』【三国志・許慎】


From:
宮城谷昌光
『三國志』第一巻






九月、帝闕(ていけつ)に書物をはこんできた者がいる。

氏名は許沖(きょちゅう)といい、書物を献上にきたのである。

「臣(わたし)の父は、もと太尉南閣祭酒(たいいなんかくさいしゅ)の慎(しん)と申します。賈逵(かき)から古学を学びました。父はいま病なので、臣が父の著作を献上にまいりました」

と、許沖はいい、うやうやしく上書をさしだした。

「さようか。殊勝である。詔書を賜れば、嘉納(かのう)されたことになる。それまで待て」

そういわれた許沖は、翌月にその書物が皇室におさめられたことを知る。許沖には布四十匹が下賜された。


国家の大事件でもないので、『後漢書』にはそれについて記さず、明帝期に創修され、班固(はんこ)から蔡邕(さいよう)まで超一流の学者がたずさわって纂修されたといわれる『東観漢記(とうかんかんき)』には建光元年の項さえなく、『資治通鑑』の九月には、北辺での攻防が記されている。



書物献上の記述はみあたらない。

ほとんど注目されなかったこの書物こそ、空前の字典というべき『説文解字』であった。著者は許慎(きょしん)である。





許慎がどういう人物であるかは、『後漢書』に伝があり、わずかに書かれている。それによると、許慎はあざなを叔重(しゅくじゅう)といい、汝南郡召陵県の出身である。性格は淳篤で、少壮のころに経籍を博(ひろ)く学び、大儒で高慢であるとさえいわれる馬融(ばゆう)につねに尊敬された。

当時の人々は許慎のことを「五経無双の許叔重」と、いった。五経とは『易経』『書経』『詩経』『礼記』『春秋』の経書をいう。

かれは郡の功曹となり、孝廉(こうれん)に推挙され、再遷(さいせん)して洨(こう)県の長となった。召陵の自宅で歿した。生年と歿年は、まったくといってよいほどわからない。


許慎の非凡さは、日常つかいなれている物に目をとめて、凝視しつづけ、思索を深め、思考を広げていったことにある。その物とは、文字、である。許慎は漢字の非凡さに最初に気づいた人でもある。

――文字は、なぜこの形になり、この音になり、この意味になるのか。

許慎の研究が稿本(こうほん)となっていちおうの完成をみたのは、和帝期の永元12年(100年)である。その年から執筆をはじめたという説もないことはない。それから21年後にあたるこの年に、十五巻(十四篇と後叙)、13万3,441字が安帝に献呈された。

説文解字という四字をいれかえると解説文字になり、すなわち、文字の解説である。たとえば、「一(いつ)」とは何であるのか。許慎はこう解く。

これ初め太始(たいし)、道は一に立つ。

天地を造分(ぞうぶん)し、万物を化成(かせい)す。

およそ一の属(ぞく)はみな一に从(したが)う。

道家(どうか)の教義は物の本義にむかい、儒家は転義にむかう。許慎の解説は道家的である。

太始は元始といいかえてもよい。道は、天道であると同時に人の道である。造分は、造り分ける。化成は、成長させる、あるいは、形を変えて別の物にする、ということである。





けっきょくこの字典は、学界のなかで絶対的な地位を占め、その支配力は20世紀の後半までおよんだ。

後漢王朝以降、いくたび王朝が興亡したか。が、『説文解字』は滅びなかった。個々の漢字とその全体を考えるとき、許慎の説にまさる説(体系)を呈示できた者はいなかった。

ところが、日本で昭和48年(1973年)に、『説文新義(せつもんしんぎ)』という書物が刊行された。著者は白川静(しらかわ・しずか)である。

白川静は許慎の知らなかった甲骨文字を研究することによって、先人がなしえなかった許慎の呪縛を解くことに成功した。その偉業は絶賛されるべきものであり、漢字を使用する民族にもたらされた恵訓(けいくん)の巨(おお)きさははかりしれない。

白川静は涵蓄淵邃(かんちくえんすい)の人である。








From:
宮城谷昌光
『三國志』第一巻
謳歌

宇宙の最初の『巨大な鶏卵』【中国古代神話】


From:
竹内 照夫
四書五経入門―中国思想の形成と展開
 (平凡社ライブラリー) 単行本 – 2000/1/1





盤古(ばんこ)


宇宙の最初、そこには天地も日月もなく、それは暗黒の、混沌たる一つのかたまり、いわば巨大な鶏卵のようなものであった。

――やがて、そのなかに生き物が一つ芽生え、1万8千年かかって成長をとげ、盤古(ばんこ)という神になった。かれは暗黒のなかにじっとせぐくまって、生きておった。


ある日、すさまじい音がして突然に卵が割れ、内部の軽くて清らかな成分は、ふわふわと雲をなし上昇して天空となり、重くて濁った成分は、下に沈み固まって大地となった。

そこで自然に盤古(ばんこ)は突っ立って、頭と両手で天をささえ、両足で大地を踏みしめる形になった。

さて宇宙はすみやかに膨張し、毎日、天は一丈ずつ高くなり、地は一丈ずつ厚くなり、また盤古(ばんこ)の身もずんずん大きくなり、この膨張が1万8千年のあいだつづいた。

――今や、高い青空と広い大地との中間に、途方もない巨人たる盤古(ばんこ)が、天地の柱として突っ立っているのであった。


盤古(ばんこ)は、暗く静まりかえった広大な宇宙のただなかに、まさしく孤独のままで、辛抱づよく天空をささえ、長い時間を耐えたが、やがて疲れ果て、横たわって死んだ。

――すでに天地は固まっていて、この巨人の柱が抜けても崩れなかった。

盤古(ばんこ)が死ぬと、そのいまわのきわの声は雷となり、息は風となり、左眼は太陽に、右眼は月に、手足は山々に、血潮は川になるなど、身体の各部がすべてそれぞれに変化して、天地間の万物になった。


五色の石


天地が開け、山川草木や虫魚鳥獣はでそろったが、まだ人間はいなかった。

そのとき、女媧(じょか)という神が、土を水でこねて、初めて人間を造った。一つ一つ丹念に造っているわけにはゆかないので、しまいには、縄を泥に浸して引き上げ、したたり落ちた泥を人間にした。だから初期に造られたのは上等な人間になり、あとで造られたのは下賤の人間になった。


また、このころ、水神の共工(きょうこう)と火神の祝融(しゅくゆう)がケンカをして、ものすごい闘争を演じたが、ついに敗れた共工は不周(ふしゅう)山に頭を打ちつけて死んだ。その激しさに山が割れ、地が裂け、天空にヒビがはいった。

そこで女媧(じょか)は川の底をさぐって五色の石を拾い集め、火にかけて練り合わせ、これで天のヒビをつくろい、また巨大な亀を殺し、その四脚を切り取って、これを大地の四方に立て、天地の間の柱とした。

これで天地は崩れずに済んだが、このときから天は西北に傾き、そのため日月星辰は東にでて西に沈み、また地は東南にくぼみができて、そのため百川はここに流れ込み、海をなすようになった。


帝俊


人間生活に文明をもたらし、文化を開いた神々は、黄帝(こうてい)・神農(しんのう)・伏羲(ふくぎ)・帝嚳(ていこく)・帝俊(ていしゅん、舜)などであり、「三皇五帝」と呼ばれる諸神もしくは諸英雄がそれである。

そして、これらのなかでも最も重要なのは帝俊(ていしゅん)である。


帝俊(ていしゅん)には三妻があった。ひとりは娥皇(がこう)で、これは三身国を生んだ。その国人はみな一頭三身で、五穀をつくり、また虎・豹・熊などを使いならした。

もうひとりの妻は羲和(ぎか)で、10人の太陽神を生み、東海の海のはずれに住み、毎日ひとりずつ太陽を洗い上げては空にのぼすのであった。

もうひとりの妻は常儀(じょうぎ)で、この人は12月の月神を生み、西方の野に住んで月神のせわをした。


帝俊には后謖(こうしょく)や義均(ぎきん)をはじめ、なお多くの子孫があり、衣食住の法や工芸美術の道を人に教え、文明を大いに進歩させた。

なお帝俊の世には、美しい五彩の鳥が東方の野に舞い遊んでいたが、後世に太平の象徴と認められた鳳凰というのは、この鳥の一種である。




以上に述べたのは、中国の古代神話の一部分であるが、むかし中国ではこうした怪奇な物語は四書五経のような正統の経書に記録されず、神話伝説の類をおさめたものは雑説とか小説とかよばれる著述としてあつかわれた。

つまり本格的な学問や教養の対象とするに足りない、雑多な、価値の低い伝承とみられたのである。



From:
竹内 照夫
四書五経入門―中国思想の形成と展開
 (平凡社ライブラリー) 単行本 – 2000/1/1